10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケさん、被災地特別授業のお知らせ

もう2週間、過ぎてしまいましたが、皆様今年も宜しくお願い致します。
今年最初のブログ記事は、被災地支援をされている知人の事です。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、昨年被災地で、出前授業をされたタケさんが、今年も被災地に赴き子供達に特別授業をします。
今回も、ボランティアでの活動です。

タケさん(斎藤武彦氏)は、ドイツマインツ大学教授です。
ドイツのヘルムホルツ重イオン科学センター(GSI)研究グループリーダーでもあり、ご専門はストレンジクオークを含む奇妙な原子核の研究。
...と大変な肩書きのスゴイ方ですが、お目にかかった感想は、どこかのお笑い芸人の様な。軽妙なトーク&ユーモア精神溢れるお兄さん、といった感じの方です。

タケさんとは、いくつかの事に関して微妙な見解相違があるのですが、それらのやり取りでいただくメールは丁寧で、誠実さにあふれています。
私は、細かい意見の違いがあっても、取り組みの根幹が同じならOKとするタイプです。その方がどう考えているか知るために色々と質問はしますが、自分とは違う部分があったからといって、協力しない、などという事はありません。

タケさんに対してもそうです。
是非、できる事はしたい、と思っています。

さて、以下はタケさんからいただいた、趣旨書からの抜粋です。長いですがお読みいただき、ご賛同いただける方は、少しの金額でも良いのでご寄付をお願いできませんでしょうか?
活動は全てボランティアからの寄付で賄われます。
残ったお金はそのままプールされ、次の活動費に当てられます。

銀行名:常陽銀行
金融機関コード:0130
支店名:研究学園都市支店
店番:104
なまえ:サイトウタケヒコ
口座番号:普通預金 6979082


              

東日本大震災に於きまして、様々な甚大な被害が出た事に対して心を痛めております。犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げます。負傷をした方々の回復も心からお祈り申し上げます。微力ではありますが、被災地の復興の為
に私も努力をさせて頂きたいと思っています。

東日本大震災後は、私は原子核物理学者、放射線測定の専門家として、微力ではありますが出来ることを居住しているドイツにいながらさせて頂きました。主に放射能問題に対して心配されている方々の相談を受けたり、政府や
自治体が発表したデータを検証したり、政府に正しい情報公開を呼びかける等のことをさせて頂きました。

同時に被災地の復興に対して何か自分が出来ることはないかと模索をしました。色々な話を聞かせて頂きましたが、その時に私が感じたのが、子供に対しての支援がまだ十分な状態にはなっていないということです。子供たちが震災により様々な心の傷を抱えているという事も知りました。復興は長い時間が必要であり、子供たちが大きくなって社会の中心となる時までの時間が必要だと考えています。復興の中心となる子供たちにもっと目を向けることが必要ではないかと考えるようになりました。また被災地の状況に対しての報道も時間の経過と減少している傾向があり、復興に於ける様々な問題が風化し始めていると感じています。被災地の方々は、被災地が忘れられてしまうということを心配されているという事も知りました。

私自身がどうやって被災地の復興の為に少しでも貢献できるかを考えていた時に、被災地にゆかりのある方から「あなたがドイツから被災地に行って子供たちに何かをしたら子供たちは喜ぶのではないか」と言われ、科学者である私が出来ることは子供たちに科学にまつわる授業を行い子供たちに楽しんで頂くことではないかと考えるようになりました。私が被災地に出向いて子供たちに授業を行うことによって、「世界は被災地の方々をいつも思っています」というメッセージを伝えることも出来るのではないかと考えました。

私はその時は被災地を訪問したことも無く、まずはこの目で確かめ、そして子供たちに授業をしようと思い、5月24日から6月1日まで、宮城県と岩手県の学校を自費で訪問をし授業をさせて頂きました。授業をする学校との交渉は最初は自治体や教育委員会を通して行いましたが、私が無名の科学者であることもあり、中々進展しませんでした。私がしようとしていることに賛同をして下さった支援団体であるNPO法人カタリバ、社団法人チーム王冠、社団法人SAVE IWATEの方々が学校や学習支援団体との交渉を引き受けて下さり、両県に於いて授業をすることができました。以下の日程で授業をさせて頂きました。
(日程略)
合計で16回の授業を生徒総数約1100人にさせて頂きました。
また以下の新聞社、雑誌社、テレビ局に取材をして頂き、紙面やニュース番
組で授業の様子などを紹介して頂きました。
• 石巻河北新報:5月24日、女川向学館
• 共同通信社:5月28日、津軽石中学校
• 岩手めんこいテレビ:5月28日、津軽石中学校
• 岩手日報:5月28日、宮古高校
• デーリー東北:5月30日、長内中学校
• 第三文明:5月31日、末崎中学校

ドイツに帰国後も様々な生徒さんや教職員の方々からたちから多数の手紙やメールなどを頂き、授業の感想を頂きました。また「また来て下さい」との嬉しい声も頂きました。また授業の話を聞いた他の学校などからも授業をし
に来て欲しいとの要望も多数頂きました。

8月には国際会議のための日本出張があり、その際に空き時間を使い、被災地ではないですが、福岡県福岡市で2回、山口県山口市で1回、大阪府大阪市で1回、東京都町田市で1回、東京都台東区で1回の授業をさせて頂きました。

すぐにまた被災地の学校を訪問をして子供たちに授業をしたいと考えていたのですが、仕事や資金面での都合で中々行くことができないでいました。
1回訪問する分の資金の都合ができ、また仕事を休むことができる時間を見つけることができたので、1月18日から2月4日まで仕事の休みを取り、授業をさせに行かせて頂きます。学校との交渉は、以前お力を貸して頂いた支援団体の方々に加え、私の活動に賛同して頂いている様々な方々のお力をお借りしています。

(略)

今まで行って来た授業とこれから予定している授業の内容は、
• 宇宙とは何か
• 宇宙は何から出来ているのか
• 宇宙を支配している法則は何か
• 宇宙はどうやって始ったのか
• 星の一生
• 宇宙の最初はどのように研究しているのか
• 物理学の最先端研究
• 4次元ポケットとは何か
• タイムマシンについて
• 相対性理論について
• ブラックホールとは
• ゆがみを体験する簡単な実験(メビウスの輪)
• 反物質とは
などです。

1月20日は日曜日なので授業はありませんが、原発10km圏を訪問させて頂くことになっています。1月27日も日曜日ですが、塾や学習支援団体で授業をさせて頂ける所があるかどうか現在探しています。

私はこの活動は今後20年間に渡って継続をして行きたいと思っています。現在継続をする為に助成をして頂ける団体や企業などを探しています。もし継続が出来るような形になれば、 私はこの活動を個人活動よりも大きく拡げた
いと思っています。私が前面に出るのではなく、被災地の子供たちに(将来的には日本中の子供たちに)海外に在住している日本人の様々な分野の専門家の面白い授業を届けようというプロジェクトを立ち上げたいと思っていま
す。その一貫としてそのプロジェクトが私や他の海外の人たちを派遣するという形にしたいと考えています。日本では被災地支援をしたくても距離や様々の事情で出来ない人たちもいます。そのような人たちに自宅でも出来るボ
ランティアとしてその活動の様々な運営(学校や学習支援団体との交渉、交通や宿泊の手配、予定管理、経理、メディア対応、ホームページの管理など)をして頂き、出来るだけ多くの方に支援に参加して頂き支援の輪を広げて
いきたいと考えています。
             

以下は、今回の日程です。
1月18日
ドイツ出発

1月19日
8:30 成田空港に到着
東京都東久留米市東久留米集会所
14:00~15:00(60分間) 福島から避難して来た小学生対象
15:30~17:00 避難して来た方々と懇親会
18:00-21:00 避難して来た方々と夕食会
宿泊:上野

1月20日
いわき市
福島第一原発10キロ圏を訪問
宿泊:郡山

1月21日
郡山市翔洋学園高等学校
11:00-12:00 高校生
須賀川市西袋小学校
14:00-15:00 小学6年生
須賀川市銀河のほとり
18:00-22:00 大人対象の授業
宿泊:郡山

1月22日
いわき市湯本第二中学校
時間未定 全校生徒
いわき市県立湯本高校
時間未定 高1
宿泊:南相馬

1月23日
南相馬市大甕(おおみか)小学校
9:20-10:05 小学3、4年生
南相馬市原町第三中学校
10:30-12:20 中学3年生
南相馬市高平小学校
13:55-14:40 小学4、5、6年生
南相馬市ひばりFM(災害FM)
15:20-15:40
南相馬市よつば保育園
16:00-17:00 保育園生年長
南相馬市だいこんや
18:00-21:00 ボランティアの方々と懇親会
南相馬市の居酒屋
21:00-23:00 地元の方々と懇親会
宿泊:南相馬

1月24日
石巻市橋浦・相川・吉浜小学校
9:35-10:20 小学2、3年生
10:45-11:30 小学4年生
11:35-12:20 小学6年生
石巻市こころスマイル石巻八幡町教室
16:00-17:00 小学生
17:00-18:30 中学生
18:30-20:00 中学校2年生個人
宿泊:気仙沼

1月25日
気仙沼市気仙沼小学校
9:25-10:20 小学6年生
10:40-11:25 小学5年生
気仙沼市九条小学校
13:30-14:15 小学4年生
気仙沼市内
18:00-22:00 教員との懇親会
宿泊:気仙沼

1月26日
気仙沼市条南中学校
10:30-11:30 親子教室
宿泊:気仙沼(大槌で授業の場合は釜石)

1月27日
移動日
宿泊:盛岡

1月28日
久慈市長内中学校
時間未定 中学1-2年生
久慈市久慈小学校
時間未定 小学6年生
宿泊:久慈

1月29日
久慈市久慈東高校
時間と学年未定
洋野町宿戸中学校
時間と学年未定
宿泊:宮古

1月30日
宮古市宮古北高校
11:05-12:55 高校1、2年生
宮古市田老第一小学校
14:00-14:45 小学5年生
盛岡市
夜 岩手大学工学部 一般市民対象の講演
宿泊:盛岡

1月31日
大槌町吉里吉里小学校
時間と学年未定
大槌町大槌高校
14:30-15:40 高校1年生
宿泊:大船渡

2月1日
大船渡市大船渡中学校
時間と学年未定
大船渡市赤崎中学校
13:35-14:25 学年未定
14:35-15:25 学年未定
宿泊:仙台

2月2日
女川町女川向学館
13:00-14:00 小学生
宿泊:上野

2月3日
予備日
宿泊:上野

2月4日
ドイツに戻る

1月26日の午後は気仙沼市か大槌町の学習支援団体で授業が入る可能性があります。

以上




関連記事

良いお年をお迎え下さい

今年も残すところ、数時間となりました。

昨年末、有志の皆様と共にスタートした「つながろうよ!in福岡」も1年が過ぎようとしています。

28日は、主要メンバーと(この4月に移住してこられたご夫妻を交えて)忘年会を開きました。
主要メンバーのお酒の強さにご夫妻、ビックリされておりました。

この会は、必要な時にその事に関心ある人が集まり活動する、といったアメーバのような集まりです。
必要ならば、新しく会を作ったり別の会と繋がります。
主要メンバーはいますが、特定の代表者はおらず、その都度、世話人が変わる事があります。

主要メンバーの女性達は、聡明で、情報通、健康管理や食に手を抜かない、尊敬すべき方々です。
(年齢様々。それぞれのカラーが違っていて面白い!)

皆仕事を持ち、子育てや家事をこなしながら、子供達を守る活動や被災地支援を行っています。
・・・と書くと、ガチガチの女性集団を想像されるかもしれませんが、
ユーモア精神ばっちりだし、皆様おしゃれで個性的。
何かあると飲んで騒いで、遊んでと、人間味あふれる方々です。

知り合ってまだ1年ちょっととは思えない、長年の同志の様な繋がりとなっていますが、きっと人生の中で大切にしている部分の共通項が多いからでしょう。

何かする時でも、話も動きも早く、協力する時はする、必要がないときは関わらない、といった成熟度が高く自立した方々には、いつも関心させられ、刺激を受けています。

今年秋以降は、世話人の仕事が大変忙しく、前半まで行ってきた政治家の皆様との勉強会や行政の方々との情報交換会を開く事ができませんでした。
来年春まで仕事の繁忙期ですので、大した活動はできませんが、
まあ、あせらずボチボチと、色々な分野の方々とつながって行きたいと思います。

主要メンバーの皆様、この1年お世話になりありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。

今年、お世話になった皆様ありがとうございました。

福岡に移住して来られた皆様、少しは博多弁に慣れましたか?
1度しかお目にかかれなかった皆様、お元気ですか?
九州ライフを楽しんで下さいね。

寒い年末年始となりましたが、どうか皆様ご自愛の上、素敵な新年をお迎え下さいませ。

            
関連記事

明日は投票日ですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

明日は、衆院選の投票日ですね。(都知事選も)
今回の選挙は、日本の行く末に大きく関わります。
特に、子供達の未来を決める選挙だと思います。

期日前投票を済ませた方もいらっしゃる事でしょう。

「行ってもどうせ変わらない」という人がいますが、そんな事はありません。
今回の選挙で大きく国の方向性が変わるかもしれません。

棄権は、自分や子供の未来を他人に100%任せる、という事です。

白票はダメです。
必ず名前を書いて下さい。

以下のサイトを見れば自分の選挙区に誰が立候補していて、どういった考えであるのかが、比較対象的にご覧いただけます。

「2012 衆院選」

上記で、例えば、「小選挙区」→エリア→(自分の)選挙区→候補者名とクリックしていくと、候補者の考えがわかる質問回答が出てきます。

全候補者に同じ質問をしているので、比較し易いと思います。

争点は、改憲・脱原発・消費税・TPPでしょうか。

自分の子供の為にどうすればいいかをしっかり考えれば、候補者や政党は絞られるはず。

                 

ところで、小さいお子さんがいらっしゃる方は、是非お子様も一緒に連れて投票へ行って下さいね。

私の周りに限って言えば、国政や選挙に明るい方は、親御さんに選挙に連れられて投票所に行った記憶がある方が結構いらっしゃいます。
また、子供が小さい頃、必ず選挙に一緒に行ったという方も多いです。

親御さんが子供の前で良く政治や選挙の話をしていたという方々も沢山いらっしゃいます。

政治に無関心な人にしない為にも、子供への選挙教育は大事だと思います。


中二の息子も、赤ん坊の頃から選挙に連れて行きました。
幼児の頃は、投票用紙を持たせ一緒に投票。
先日、息子に聞いたら、一緒に投票できるのが、とても嬉しかったとの事。
少し大きくなると、小学校の運動場で遊ぶ事が目的で、投票についてきていましたが(苦笑)。

我が家は、期日前投票も何度かしたので、今回も「お母さん、日曜日用事あるでしょ。期日前投票しといたら?」と息子。

いつも投票用紙が届くと、「忘れないようにカレンダーの所に挟んでおくからね」とこれも息子。

くるくる変わる日本の総理や大臣達の名前も「もういい加減覚えきれないよ」と愚痴りつつ、息子は毎回覚えています。

先日も、記憶力の衰えた私が、「ねえねえ、今の国交大臣だれだっけ?」と聞くと「羽田。お母さんしっかりしてくれよ」といった具合です。

小さい頃は、トンチンカンな事を言ってましたが、今や、大人とそれなりの政治談義ができる程に成長しました。
上記は、親バカの息子自慢ではありません。
投票所に一緒に連れて行く事は、政治や選挙に興味を持たせるきっかけだと思います。

我が子を、自己中心的な無関心層にしない為にも、是非投票はお子様とご一緒に行って下さいね。
関連記事

TPP勉強会のお知らせです

以下ミトンさんからTPP勉強会のお知らせです。
お時間ある方は是非!

                

========
緊急講演会  ”脱原発 反増税 反TPPを急ぐ理由”
========
講師:安部芳裕(Project 99%代表)

Project 99% の安部芳裕さんをお招きし、今回の選挙の争点になる脱原発・反増税・反TPPに
ついてわかりやすくお話いただきます。
”脱原発は解ってるけど、TPPはよく解らない ”という方、必見です!!

                    ★
12月3日(月)
<昼の部>13時10分開場(託児受付開始:13時)13時半〜15時半
*昼の部:託児有り(詳細下記)

<夜の部>18時半開場 19時〜21時

場所:福岡市中央市民センター会議室にて
  (福岡県福岡市中央区赤坂2-5-8)

参加費:500円+カンパ

☆☆コクチーズからお申し込みください。

                     主催:ママは原発いりません 福岡

☆託児をご希望の方はgudakusan2525@gmail.com までご連絡下さい。
・2歳以上/有料
・託児料金:申し込み人数によって差異が発生するため、
 直接ご案内をさせて頂きます。

お子様の <お名前・年齢.アレルギーの有無>
お母様の <お名前・携帯電話番号>
をご連絡ください。
*件名:「12/3託児希望」として下さい。

・先着15名まで。

<プロジェクト99% からのメッセージ>
99%の人のための社会を創ろう!

利権を握る1%の人のためだけでなく、
ボクら99%の国民のために働いてくれる政治家はどこにいる?

右だとか左だとか、組織に属しているとかいないとか、そんなことはもう、どうでもいい。
とにかくボクたちの声をちゃんと受け止めてほしいだけなんだ。

ボクらみんなが安心して暮らせる社会をつくるため、
そんな政治家を探して応援しよう。そして日本の政治を変えていこう。

それを目指すのがProject99%。

国を動かすのは政治家だ。でもそれを選ぶのはボクたちだ。
未来は常にボクたちの手の中にあるんだよ。
関連記事

【シネマトークカフェ】のご案内

IWJの岩上さんが、福岡と下関にいらっしゃいます。
まだ、受付中だそうです。
皆さま、お誘いあわせの上、是非ご参加下さいませ。

           

下記、イベントお世話役のMakiさんからのお知らせです。

【シネマトークカフェ】
11/17(土)
13:30 開場
14:00~15:35 映画上映
15:45~17:30 岩上安身氏アフタートーク
場所:BiVi福岡6F 会議室1号室 (定員70名)
(福岡市中央区渡辺通4丁目1-36)
料金:2,000円

★ご予約は必ずIWJサイトからお願いします(先着70名限定)

★託児あり★ 
2歳以上、要予約。希望の方はメールにて
1.保護者氏名 2.連絡先(当日の携帯番号)
3.お子様の名前(ひらがな) 4.年齢 5.性別 6.アレルギーの有無 を
【ctc-child@goo.jp】まで、必ず題名に「シネマTC福岡 託児予約」と書いて送ってください

【懇 親 会】
18:00~20:00
岩上安身氏も参加し、みなさんとカジュアルにおしゃべりする交流の場です。ぜひご参加下さい。(要予約)
場所:天神近辺の居酒屋、当日ご案内。
料金:3,000円(フリードリンク付き)

主催 インディペンデント・ウェブ・ジャーナル

<上映映画紹介>
「フード・インク」(2009年 / アメリカ / 94分)
監督::ロバート・ケナー
体にいいオーガニック・フードと、スーパーに並ぶお手頃価格の“フード”。
同じ野菜や肉にも関わらず価格にこれ程差があるのはなぜなのか?
軽妙なテンポで繰り出されるアメリカン・ジャンク・フードさながらの
ヴィヴィッドな映像が、笑えない事実と矛盾を突きつけ、
オーガニック・フードの本当の価値を訴えていく。
観れば必ず今日のごはん選びが変わる、フード・ドキュメンタリー。

★上映後には、岩上安身氏がトークします。
世界の食料問題、ひいては経済問題について、一緒に考えてみませんか?

★翌18日には「モンサントの不自然な食べ物」in 下関を開催します。
関連記事

プロフィール

kaworu888

Author:kaworu888
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。