06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年をお迎え下さい

今年も残すところ、数時間となりました。

昨年末、有志の皆様と共にスタートした「つながろうよ!in福岡」も1年が過ぎようとしています。

28日は、主要メンバーと(この4月に移住してこられたご夫妻を交えて)忘年会を開きました。
主要メンバーのお酒の強さにご夫妻、ビックリされておりました。

この会は、必要な時にその事に関心ある人が集まり活動する、といったアメーバのような集まりです。
必要ならば、新しく会を作ったり別の会と繋がります。
主要メンバーはいますが、特定の代表者はおらず、その都度、世話人が変わる事があります。

主要メンバーの女性達は、聡明で、情報通、健康管理や食に手を抜かない、尊敬すべき方々です。
(年齢様々。それぞれのカラーが違っていて面白い!)

皆仕事を持ち、子育てや家事をこなしながら、子供達を守る活動や被災地支援を行っています。
・・・と書くと、ガチガチの女性集団を想像されるかもしれませんが、
ユーモア精神ばっちりだし、皆様おしゃれで個性的。
何かあると飲んで騒いで、遊んでと、人間味あふれる方々です。

知り合ってまだ1年ちょっととは思えない、長年の同志の様な繋がりとなっていますが、きっと人生の中で大切にしている部分の共通項が多いからでしょう。

何かする時でも、話も動きも早く、協力する時はする、必要がないときは関わらない、といった成熟度が高く自立した方々には、いつも関心させられ、刺激を受けています。

今年秋以降は、世話人の仕事が大変忙しく、前半まで行ってきた政治家の皆様との勉強会や行政の方々との情報交換会を開く事ができませんでした。
来年春まで仕事の繁忙期ですので、大した活動はできませんが、
まあ、あせらずボチボチと、色々な分野の方々とつながって行きたいと思います。

主要メンバーの皆様、この1年お世話になりありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。

今年、お世話になった皆様ありがとうございました。

福岡に移住して来られた皆様、少しは博多弁に慣れましたか?
1度しかお目にかかれなかった皆様、お元気ですか?
九州ライフを楽しんで下さいね。

寒い年末年始となりましたが、どうか皆様ご自愛の上、素敵な新年をお迎え下さいませ。

            
スポンサーサイト

明日は投票日ですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

明日は、衆院選の投票日ですね。(都知事選も)
今回の選挙は、日本の行く末に大きく関わります。
特に、子供達の未来を決める選挙だと思います。

期日前投票を済ませた方もいらっしゃる事でしょう。

「行ってもどうせ変わらない」という人がいますが、そんな事はありません。
今回の選挙で大きく国の方向性が変わるかもしれません。

棄権は、自分や子供の未来を他人に100%任せる、という事です。

白票はダメです。
必ず名前を書いて下さい。

以下のサイトを見れば自分の選挙区に誰が立候補していて、どういった考えであるのかが、比較対象的にご覧いただけます。

「2012 衆院選」

上記で、例えば、「小選挙区」→エリア→(自分の)選挙区→候補者名とクリックしていくと、候補者の考えがわかる質問回答が出てきます。

全候補者に同じ質問をしているので、比較し易いと思います。

争点は、改憲・脱原発・消費税・TPPでしょうか。

自分の子供の為にどうすればいいかをしっかり考えれば、候補者や政党は絞られるはず。

                 

ところで、小さいお子さんがいらっしゃる方は、是非お子様も一緒に連れて投票へ行って下さいね。

私の周りに限って言えば、国政や選挙に明るい方は、親御さんに選挙に連れられて投票所に行った記憶がある方が結構いらっしゃいます。
また、子供が小さい頃、必ず選挙に一緒に行ったという方も多いです。

親御さんが子供の前で良く政治や選挙の話をしていたという方々も沢山いらっしゃいます。

政治に無関心な人にしない為にも、子供への選挙教育は大事だと思います。


中二の息子も、赤ん坊の頃から選挙に連れて行きました。
幼児の頃は、投票用紙を持たせ一緒に投票。
先日、息子に聞いたら、一緒に投票できるのが、とても嬉しかったとの事。
少し大きくなると、小学校の運動場で遊ぶ事が目的で、投票についてきていましたが(苦笑)。

我が家は、期日前投票も何度かしたので、今回も「お母さん、日曜日用事あるでしょ。期日前投票しといたら?」と息子。

いつも投票用紙が届くと、「忘れないようにカレンダーの所に挟んでおくからね」とこれも息子。

くるくる変わる日本の総理や大臣達の名前も「もういい加減覚えきれないよ」と愚痴りつつ、息子は毎回覚えています。

先日も、記憶力の衰えた私が、「ねえねえ、今の国交大臣だれだっけ?」と聞くと「羽田。お母さんしっかりしてくれよ」といった具合です。

小さい頃は、トンチンカンな事を言ってましたが、今や、大人とそれなりの政治談義ができる程に成長しました。
上記は、親バカの息子自慢ではありません。
投票所に一緒に連れて行く事は、政治や選挙に興味を持たせるきっかけだと思います。

我が子を、自己中心的な無関心層にしない為にも、是非投票はお子様とご一緒に行って下さいね。

久々の更新です

前回のブログ更新は、9月初旬、今日は11月6日。

うーむ。

今年の短かった秋には、一度もこのブログを更新できませんでした。

いつもチェックして下さっている皆さまに心よりお詫び申し上げます。

昨年6月に福岡に引越して以来、仕事を後回しにして緊急の事態に対処しておりましたが、さすがにずっと放置しておく訳にもいかず、今年は繁忙期(秋~春が繁忙期です)には、せっせと仕事をしております。

書く事も仕事の一部ですので、時間がかかるブログ更新は、サボリ続ける事になってしまいました。

...。と言い訳タラタラはこのくらいにしまして。

                

さて、もう2か月以上が過ぎてしまいましたが、9月1日の春を呼ぶフォーラムでは、健康相談会が朝から夕方まで行われました。その間、管理人は、健康相談者のお世話や、日本人医師並びに、ドイツのデルテ医師、アメリカのパターソン医師のお世話を担当しました。

外国人医師は日本では診察できません(違法だそうです)ので、日本人医師のそばに控えていらっしゃいました。

私は、診察の様子を見ながら、お二人に、気になる点を質問してみました。

ツイッターでは直ぐに流しましたが、デルテさんは、原発事故後、首都圏や東北の被爆地にいる方(いた方)は、できるだけお子さんに甲状腺エコーを受けさせた方が良い、とお話しされていました。

血液検査は?と伺うと必要はない、との事。

検査してみて異常がなければ、安心だし、嚢胞や結節が見つかっても定期的に経過観察していれば、もし異常な状態になったとしても早急に対処ができる、との理由だそうです。

健康相談では、日本人医師5名が参加して下さり、問診を行いました。
(5名も集まった事は快挙!だと思います。主催者とコーディナーターに感謝です)

詳しくは記載できませんが、関東から移住して来られた方々数組に、[因果関係は分かりませんが)健康被害の訴えがありました。(症状の現れは、母子共だったり、お子さんだけだったりと様々でした。皆さま生活や、食事には気を付けていらっしゃったようです)

データをお持ちになった方もいらっしゃいましたが、今の所は経過観察で大丈夫との医師のアドバイスにホッとした様子でした。

医師の皆さまは、放射能内部被曝について詳しく学ばれている方だけではありませんでしたが、どの方も、放射能の影響を心配する相談者に、優しく真摯に向き合われていました。

若い医師が多く参加して下さっていた事に、今後への期待が持てました。

主催側全員がボランティアでしたが、医師の皆さまも、業務時間を縫ってのボランティアでのご参加でした。

(急きょの呼びかけにもかかわらず、これだけの医師がお集まりになった事に、正直驚きました)

上記中、2名の医師を紹介してくれた方(医師)と、後日お目にかかりましたが、まだまだ内部被曝に理解ある医師は少ないとのお話しでした。

医療現場は忙しい日常に忙殺されがちですが、一人でも、放射能に対して「予防」の観点を持った医師が増えてくれる事を願っています。

5月5日、日本の原発は全停止しました

ブログ管理人のかをるです。
つながろうよ!の趣旨から外れる内容はあまり記載してきませんでしたが、時々忘備録代わりに自分の意見や思いを記録しておこうと思います。
私個人の勝手な意見ですので、違う意見をお持ちの方はどうぞスルーして下さいませ。

             

昨日、2012年5月5日23時、北海道電泊発電所3号機が出力ゼロとなりました。
これをもって日本にある50基全ての原発が停止しました。

原発が稼働していないのは、実に42年振りの事だそうです。

今私達が使用している電気に原発由来のものは1wたりともありません。
これまで、政府や電力業界、マスコミが原発がなければ電力不足に陥ると言い続けてきたのはいったい何だったんでしょうか?

関西電力(関電)が、この夏の電力不足を理由に原発再稼働を推し進めようとしています。政府もそれを後押ししていますが、電力はピークの数日を除けば、不足などしません。

電力不足と原発再稼働は無関係だ、と関電関係者が名言している様子が5月3日モーニングバード「そもそも総研」でも紹介されました。
その様子を紹介したブログはこちらです。

そもそも総研で紹介されたように、電力会社は原発が稼働しないと資産計上できなくなり、赤字になります。例えば、関電は2年程度で債務超過に陥り経営破たんに追い込まれます。

しかし、破たんしたからといって電力供給がトップする訳でもなく、従業員が露頭に迷う訳でもないのは、JALが経営破たんした時を思い出せば誰だって分かる事です。
(株主と関連企業は、大損するかもしれませんが...)

原発立地自治体の方で早く再稼働して欲しい、とTVインタビューに答えている姿が映されますが、原発稼働しなくても、立地自治体には交付金が配布されます。その交付金で当面の対策を取ればいいのでは?

若狭湾下にはプレートがあると指摘されています。
そして、原発の安全性は確保されていません。

もう一度どこかで原発事故が起きれば、日本は経済的にも終了しますし、人が住めない土地になってしまう事など子どでも分かります。

そんな中、再稼働などあり得ない選択です。

このブログをお読みになって下さっている方は、もう政府や電力会社の「電力不足」の嘘や脅しに騙されている方はいらっしゃらないと思います。

世論の力は大きいです。
原発の電気はいらない、もっと安全な電力を供給する努力をして欲しい、健全な経営努力をして欲しい、そういった電力会社ならいくらでも応援する、と。私達が電力会社に求め続ける事が大事だと思います。

              

電力は不足していないけれど、今の状況は、個人の生活スタイルも見直す丁度良い機会でもあると思います。

写真は昨夜撮りました。
スーパームーン。
街の灯りが煌々と灯っているのに、月の輝きが勝っている程でした。
こういう夜は、少しの時間でいいので、電気を全部消して、ろうそくの灯りで過ごしてみるのもいいですね。

スーパームーン

プロフィール

kaworu888

Author:kaworu888
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。