06
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバー紹介します (Mikoさんです)

こんばんは。

明日から2回に分けて、小学校給食担当に働きかけくれているmikoさんのレポートをご紹介したいと思います。

Mikoさんは、3人のお子さんと一緒に宮城県から移住して来られました。地震で自宅が壊れたため、母子で避難所生活やマイカー生活も体験されています。(ご主人出張中だったそうです。さぞかし心細かったことでしょうね)

私が福岡で一番初めにつながりを持った移住者がMikoさんです。
私よりずっと若いMikoさんは「私はただの主婦だし、何にもできないんですけど...」とおっしゃる割には、九電の広報の方に新聞持って質問に行ったり、給食担当者に分かるまで質問したり、小さいお子さんをお持ちのママさん達にお話会開いたり、とても行動的で頼りになる存在です。

そんなMikoさんの自己紹介を以下に載せました。
キックオフミーティングには、都合で参加していらっしゃいませんでしたが、お会いする機会があれば彼女の口から給食問題への取組や、経緯を聞いて見て下さいね。

            

原発事故直後に宮城から移住したmikoです。
震災だけでは宮城を離れませんでした。離れたくありませんでした。
放射能の影響が「わならない」から、念のため自己防衛しています。

「非常事態だ!暫定の基準だ!」と国は緊急体制なのに、国民には「安全だ」と言って平常の生活を要求。矛盾してますよね?
わからない事は「わからない」と伝えて欲しいし、わからないなりの対策をとって欲しい。
対策をとりたくないから「安全」と言っているようにしか見えません。

自治体も、そんな国の指示待ちです。
玉突きで指示が降りてくる最後が国民。
蓋を開けてみれば「実は負けてました」の戦後状態になってもおかしくない異常さを感じます。

でも私も、初めはどうしたらいいのかわかりませんでした。
機会あるごとに小さな声をあげることで、同じ疑問や不安を持つ方々と繋がる機会ができ、情報交換ができるようになってきました。

まだまだ点在する小さな声と繋がって、安心して暮らせる未来を子供に受け渡したいです。
よろしくお願いします!

スポンサーサイト

プロフィール

kaworu888

Author:kaworu888
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。