05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食安全対策に関する私設説明会ご参加者の皆さまへ

「給食安全対策に関する私設説明会」にお申込みいただきました皆さま、明日は宜しくお願いします。

明日は、福岡市教育委員会 教育支援部 健康教育課 課長、係長(小学校担当)、給食センター副センター長に加え、健康福祉局食品安全推進課 課長もご出席くださる事になりました。

福岡市学校給食についてご担当者から説明の後、質疑応答となります。

時間が短いので、その場でお答えいただけないものも出てくるかもしれません。
そういった場合には、ご担当者の連絡先を控えて個別に質問していただくよう、お願いします。

これまでもそうでしたが、この説明会は、市や担当者の姿勢をきつく追及するような場ではありません。(お願い事項はありますが)市側と保護者が、お互いに給食の安全に対する理解を深める事、認識の違いがあれば、そのギャップを埋める事が大きな目的です。

両者が、協力しあって子ども達の安全を確保する事が大事です。
ご協力宜しくお願い致します。

             

以下注意事項です。
開催場所の「那の津給食センター」には駐車場がありますが、沢山の台数は置けません。(6台程度なら大丈夫だそうです)
お車でお越しの方はできるだけ同乗をお願いします。また、駐車は奥の方からお願いします。(手前は業務の車が出入りするのでご迷惑がかかります)

公共交通機関を利用される方は、天神ダイエー向かいにあるバス停(郵便局前ではありません)から、那の津4丁目行のバスに乗り那の津4丁目で下車して下さい。
天神からの所要時間は6~7分です。

詳しい場所は以下の地図でご確認下さい。
会場は、給食センター2階です。
玄関にあるスリッパに履き替えてお上がり下さい。

10時半からスタートします。
少し前までにお集まり下さい。

福岡市立学校給食センター 地図
福岡市中央区那の津4丁目2-5
 TEL  092-721-4811
スポンサーサイト

学校給食の安全に関する私設説明会のご案内

4月末にもご案内しましたが、学校給食の安全に関する私設説明会を、福岡市教育委員会健康教育課に、申し入れました。

今回は、担当課長、中学校責任者、小学校責任者が出席して下さいます。
福岡市の学校給食、特に放射能対策について関心がある保護者の皆さまにご参加を呼びかけております。

課長、係長、副センター長がお集まりになる機会は、なかなかありません。
学校に問い合わせても分からない事が、こちらで解決するかもしれません。
牛乳どうしよう、シイタケや魚介類大丈夫?診断書必要なの?福岡市は今後どういった対策取るの?などの疑問をお持ちの方、是非、この機会をご利用下さい。  

先のご案内では、小中学校に通うお子様の保護者としておりましたが、人数に余裕がありますので、給食の放射能対策について知りたいという保護者の方も受け付けます。

ご担当者には、こちらが窓口となり人数をお知らせする事になっています。(市へのお問い合わせはご遠慮ください)

ご参加希望の方は、5月20日までに下記にメールでご連絡下さい。

dream21dance@yahoo.co.jp

メール記入事項:「件名:給食説明会の件」、フルネーム(出欠確認用です。先方にはお伝えしません)、お子様の学年(就学前の場合は年齢)と居住区(お差支えなければ学校名)、予定変更時の連絡先、事前質問事項(時間が限られているので先方に予めお伝えしておきます。当日回答がなかった場合は、会場で質問して下さい)、複数でご参加の場合は、それぞれの方について記入して下さい。

日程:5月25日(金)
時間:10時半~12時
場所:那の津 学校給食センター←地図
人数:40名程度

*小さいお子様の同伴は可能です(保育はありませんのでご了承下さい)
*会場の関係で、ご参加希望者が多数の場合は〆切を早めます。予めご了承下さい。

給食説明会のご案内(参加希望者受け付けます)

福岡市教育委員会健康教育課に、給食に関する説明会を申し入れました。
昨年9月以降、今回で3度目の私設説明会の申入れです。

今回は、担当課長、中学校責任者、小学校責任者が出席して下さいます。
ご担当者は、お忙しい中、日程調整をして下さいました。
いくつかの会を代表して申し込みましたが、公的な催しではありません。

福岡市の小学校、中学校に通うお子さんがいらっしゃる方のご参加を受け付けたいと思います。

お子さんの給食についてお悩みの方、放射能対策を電話問い合わせしたけれど不安だという方、もっと詳しく知りたいという方。直接ご担当者にご質問やお願いをしてみてはいかがでしょうか?

ご担当課には、一人でも多くの方の声をお届けする事が大事だと思います。
電話問い合わせよりも、直接会ってお話する方がお互いの理解が深まりますが、担当課を訪ねるのは気が引けるという方は、是非、この機会をご利用下さい。

ご担当者には、こちらが窓口となり人数をお知らせする事になっています。(市へのお問い合わせはご遠慮ください)

ご参加希望の方は、5月20日までにメールでご連絡下さい。

dream21dance@yahoo.co.jp

メール記入事項:「件名:給食説明会の件」、フルネーム(出欠確認用です。先方にはお伝えしません)、お子様の学年と居住区(お差支えなければ学校名)、予定変更時の連絡先、事前質問事項(時間が限られているので先方に予めお伝えしておきます。当日回答がなかった場合は、会場で質問して下さい)、複数でご参加の場合は、それぞれの方について記入して下さい。

日程:5月25日(金)
時間:10時半~12時
場所:那の津給食センター
人数:40名程度


*小さいお子様の同伴は可能です(保育はありませんのでご了承下さい)
*会場の関係で、ご参加希望者が多数の場合は〆切を早めます。予めご了承下さい。

共同通信「給食セシウム検査」より

こんばんは。
ブログ管理人のかをるです。
ここのところ、仕事で忙しくしております。
更新が滞っており申し訳ございません。

                 

今朝、共同通信の「給食セシウム」に関する調査を目にした方もいらっしゃると思います。

4月から新基準値施行を受け、共同通信が、全国の県庁所在地、東京23区計74市区自治体に、小中学校の給食やその他食材の安全を確認するため放射性セシウムの検査をしているかどうかを調査した結果、東日本17都県(計42区市)では約8割が実施。それ以外では約3割の実施であるとの結果だったという事です。
(3月16日~22日に実施。傾向を探る為都市部の74区市に絞り、各教育委員会に取材)

ネット新聞では全てが以下のように表現されていますが、新聞紙面ではかなり詳しく報道されています。

「全国の県庁所在市、政令指定都市、東京23区の計74自治体のうち約6割が、東京電力福島第1原発事故を受けて、小中学校の給食やその食材の安全を確認するため放射性セシウムの検査をしていることが28日、共同通信の調査で分かった。

 政府が出荷前の食品検査を求めている東日本の青森から静岡までの17都県(計42区市)では、調査対象の自治体の約8割が検査を実施。それ以外の30道府県(計32市)では約3割にとどまっていた。

 国は4月1日から一般食品で1キログラム当たり100ベクレルなどとする新たな基準値を施行するが、7自治体はより厳しい基準値を設けていた。」

紙面から少しご紹介すると、水戸市・神戸市は調理前、調理後の検査を実施。

検査していない24区市の理由は、「市場に流通している食品は出荷前検査などで安全が確認されていると認識している」の他、西日本では「地元産を中心に使っているため」などもあった、とあります。

汚染地である1都16県の中にもまだ実施していない所があるのは驚きです。
半面、国の新基準値より厳しい基準を設定している所がある事は救いです。

厳しい基準値を設定しているのは、札幌市(1キロ当り4ベクレル)、山形市(10ベクレル)、東京都足立区(40ベクレル)、墨田区(40ベクレル)、福井市(40ベクレル)、京都市(50ベクレル)、鳥取市(不検出)。
また、福島市、東京都文京区、松山市は「より厳しい基準値を設定する方向で検討している」との回答です。

                      

福岡市は、検査は実施していますが、頻度や時期に問題があります。
独自基準は設定していません。

上記、西日本であってもより厳しい基準を決めている所や検討している所もあります。
検査も調理前後行っている所もあります。

上記調査を踏まえ、今後も引き続き、市教育委員会へ、より安全な基準と検査の充実を申し入れて行く必要を強く感じました。

永利牛乳について情報いただきました!

福岡市学校給食で提供されている牛乳の納入業者は、明治(旧明治乳業)、メグミルク、永利牛乳の3社だと以前ご説明しました(詳しくは昨年12月22日の記事をご覧下さい)。

この内、永利牛乳についてみきこさんが情報をコメントして下さいました。
皆さまにお読みいただけるよう、記事としてアップ致しました。
みきこさん、貴重な情報ありがとうございました。

               

永利牛乳に問い合わせました。
永利牛乳 給食に使われているのは永利Fミルク。

原乳は、福岡県、熊本県の酪農家のものも混ざる。
そのため飼料は自牧場で作ったもののほか、福岡県酪農業協同組合から買い入れたトウモロコシと牧草の飼料(アメリカ、オーストラリア、国産も混じるかも不明)

放射能検査結果は給食会に聞いてくれと回答拒否
→福岡県給食会に問い合わせ。
検出限界 10ベクレル
検出下限値以下
1月末or2月初旬の最新データだそうです。
(日付は手元に資料が無くて、はっきりしない)

お役に立ちますように!                       
               

プロフィール

kaworu888

Author:kaworu888
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。